現金化や換金は破産に影響?

“クレジットカードの現金化への取締りが強化されているようです。刑法などの法律では規制されていませんので、クレジットカードの現金化をしたとしても犯罪にはなりません。警察に捕まったり、刑務所に入らされたりといった心配はないということです。将来どうなるかはわかりませんが、しばらくは大丈夫でしょう。しかし、クレジット会社では、クレジットカードのショッピング枠を換金する行為は禁止しています。犯罪ではありませんが、規約違反となります。違反行為がバレると、クレジットカードを停止されたり、強制解約されたりといったデメリットを被ることになります。クレジットカードを強制解約されたときにマズいのが、ショッピング枠、キャッシング枠をたくさん使ってしまっていたケースです。例えば50万円のリボ払いや分割払いの残高があったとしたら、50万円を一括で請求されてしまいます。一括で支払えなければ、債務整理をすることになります。ここで、自己破産ではクレジットカードの現金化は免責不許可事由となっています。自己破産をすれば借金はゼロになりますが、不正な行為を行っていたことを理由にして、借金をゼロにできなくなるかもしれないのです。法律も規制に動いているということなのでしょう。

クレジットカードの現金化は、クレジット会社がやめるように公式サイトなどで呼びかけています。もしもクレジットカードの現金化を利用して、詐欺にあうなどのトラブルにあっても、違反行為をしているためにクレジット会社は助けてくれません。警察も、「あなたにも落ち度がある」といって動いてくれない可能性もあります。それでは、商品券の換金についてはどうでしょうか?オークションや金券ショップなどで商品券を額面価格からいくらかの手数料を引いた金額で買取してもらうことができます。この商品券の換金については、今のところは特にデメリットはないようです。ライブチケットなどをオークションで転売している行為に対して、そのチケットを無効にするといった措置をとったという例などがあるので、チケットを販売している会社は転売行為を良く思っていないようです。なんらかのデメリットを被る可能性はありますが、一般的な商品券であれば、オークションや金券ショップで現金にかえる行為は今のところは安全な行為です。破産ができなくなるということもありません。しかし、クレジットカードで商品券を大量に購入して、それを金券ショップで売るという行為は、実質的に現金化と同じです。クレジット会社にバレると、ペナルティがかせられることがあるので要注意です。

携帯料金の現金化・換金は三つ葉STOREへ